webにおける公共性と当サイトの存在意義、さらに昨今のブログの増加による検索エンジンの効率悪化について色々再度考えました。
結果当ぶろぐ終了を決定いたしました。

2008/11/7 matuzawa ken